上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先月10日間のサーフトリップから帰ってきた
トシ 柳澤よりメールが届きましたので数回にわけてUPします

Windsurfer誌の取材で本橋プロとマーシャル諸島に行ってきました。
9月5日売りの誌面にもでますが、その裏側の写真や話をご紹介します

m 2のコピー

マーシャル諸島共和国。グアムとハワイの間くらいに位置する、ヤシの
木と珊瑚礁の島々。
今回は首都のあるマジュロ環礁という島を中心にウィンドサーフィンと
サーフィン、釣りをしてきました。常夏の島にはさほど多くの荷物は必
要ないのですが、遊び道具はたんまりと持ち来んで、どんな状況でも楽
しめるよう数枚の板とTシャツとサーフパンツを持って行きました。
久々のフルサーフトリップにわくわくです。
グアムで一度トランジットし、3.5時間、4時間のフライトの後
マジュロへ。JALの直行便もあるらしいですが、今回はコンチで
す。なかなかオーバーチャージが渋かったですが、これら無くしては旅
の目的が半減してしまうので必死です。最近はJALがサー
ファー・ウィンドサーファーに優しいらしいです。
 さて、何から話そう。
最初はマーシャルってどこ?って感じだったけど、ちょっと調べてみる
と、歴史で習ったビキニ環礁のある所らしい。あの水爆実験でヤシの木
が巨大なきのこ雲に揺すられている映像がかすかに蘇る。
少々の暗い過去も併せ持つらしい島、、海のコンディションもどうなん
だかあまりよくわからないままとりあえず、ゆく。


m 2 bのコピー

滑走路の脇には細い道路があるだけで、その両側は海になり、ラグーン
と外海に挟まれた窮屈そうなコンクリートの一本道に滑り込む。
タラップがつけられ、階段を降りるとすぐに暖かく密度の濃い何とも言
えない空気が体を覆う。
空は果てしなく広く青い。
この時点で舞い上がってしまい、ふわぁ~という感じ。

m 2 cのコピー

YOKWE やっくうぇ~とはマーシャル語でこんにちはの意味
芝の緑と黄色の縁石、青!光が溢れてます。
welcomeだって!期待してます、マジュロ!!   つづく



スクールのお問い合わせはこちらからお願い致します

>ウインドサーフィンスクールHilOhana

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://hilohana.blog69.fc2.com/tb.php/885-b3b38d9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。